~指導者プロフィール~


 

4歳より空手を始め今日に至る。

伝統派空手、フルコンタクト空手共に段位を取得。

空手指導者として20年以上のキャリアを持ち、

選手として16歳にて極真空手の一般部の第1回地区選抜大会にて準優勝。

同第3回大会にて優勝。

第1回極真高校生全日本大会にて優勝。

その後一般部の関東地区錬成大会にてオール一本勝ち(KO)で優勝する。

全関東大会にて技能賞獲得。

その他、大会に於いて数回、優勝、入賞を果たす。

全日本大会に10数回出場。ベスト8の壁を越えられぬまま怪我で引退。

その後指導に専念し、全日本選手や関東地区の上位選手、

学生チャンピオンを育成。

 平成28年に11年振りの試合復帰を決意。

極真坂本派にて一本勝ち(KO)で優勝を修める。

優勝してより基本の重要さを再認識する。


  『日本空手道連合 武心会 設立の主旨

 

 

 

 今日の空手界に於いて、本来の武道を欠く、

試合重視とした偏った稽古方法、礼節の欠如などに疑問を抱く。

指導方法を根本的に見直し、子供の為のカウンセリングの資格を取得。

今までに培った経験と、新たに得た事を取り入れ指導を開始。 

新たなる手ごたえを感じ 『日本空手道連合 武心会』を立ち上げました。

本来の武道としての在り方、強さは勿論の事、

返事、挨拶、気合い、礼節、姿勢、目線、口元、呼吸、

これらに重点を置き空手本来の基本動作をしっかりと伝えていこうと考えています。